リスティング広告から通販系のランディングページへ誘導

角丸

利用者が特定のキーワードで検索した時に

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使い、利用者が特定のキーワードで検索した時に、その検索結果に連動して表示される広告のことをリスティング広告と言います。 検索連動型広告と呼ばれることもありますが、キーワード単位で広告出稿ができるので、利用者がそれを見て、商品などを注文してくれれば、そのまま顧客獲得に繋がります。 通販系のランディングページというのは、ランディング、すなわち利用者が着地する通販のページのことで、リスティング広告や検索エンジンの結果から、リンク先になっているページのことを指します。

利用者が興味を持ってもらえる

これは必ずしもサイトのトップページに設定しなくてもよいので、利用者が興味を持ってもらえる通販系のランディングページに設定すれば、サイトの運営者が利益を得られる確率が高くなります。 下手にリスティング広告から、サイトのトップページに繋がるようにすると、利用者の興味のない商品ばかりが表示される可能性があるので、人によっては不快に感じることもあるでしょう。 それにトップページから欲しいと思う商品を、また一から検索して探すのは面倒なので、そのまま利用者がサイトから離れていってしまうかも知れません。 しかしトップページではなく、リスティング広告に合った内容の通販系のランディングページに繋がると、直接購入しやすいので便利だと思われますし、また利用しようという気になるはずです。 ですからリスティング広告から通販系のランディングページへ誘導するのは、とても大切なことだと言えます。

通販系のランディングページを利用することのメリット
化粧品や美容のランディングページを作るとき
健康食品系のランディングページを作るとき
時計などの高額商品を販売する際のランディングページについて
食品系のランディングページを作るとき
ランディングページとSEOについて
ランディングページとリスティング広告について
角丸